メディボールは粉薬にも使えるの?

薬をくるんと包んでペットに簡単に投薬できる投薬補助おやつ「メディボール」。

獣医師と共同開発された製品だけに、早くも口コミで話題になっています。

飼い主にもペットにもストレスを与えないストレスフリーが人気!

錠剤が包めることは簡単に想像できますが、
メディボールは粉薬にも使えるのでしょうか?

実際に我が家の愛犬で試してみたので紹介します。

メディボールは粉薬でも問題なく使えました!

メディボールと粉薬

結論を先に言うと、メディボールは粉薬でも問題なく使えるので心配無用でした。

粉薬もOK!早速メディボールの詳細を確認したい方はこちら!

個人的な使用感としては、「投薬補助製品として上手くできているな〜」という感じでした。

投薬補助製品はこれまでも既に色々ありましたが、
これまでの投薬補助製品ってこんな悩みがあったんです。

  • 食べさせてはいるものの本当に安全なのか?
  • 味が合うものと合わないものがある(合わないものの場合は吐き出してしまう)
  • しっかりと包めるのか?味が混ざらないか?

そもそも安全なのか?

メディボールの安全性

メディボールは、臨床獣医師の声を商品開発者と製造工場が形にした商品です。

臨床獣医師がこだわって開発した投薬補助おやつだからこそ、
安心して与えることができます。

時々オークションサイトなどで非常に安価で投薬補助製品が販売されていることがありますが、出所が分からないようなものはかなりリスクが高いです。

愛犬や愛猫が喜んでくれる味か?

メディボールを食べる犬と猫

投薬補助製品の味が口に合わないものや不味い物の場合は、
犬や猫もすんなりと飲みこまないで薬を見つけてしまう可能性が高くなります。

メディボールは犬用猫用それぞれに3種類の味が用意されています。

  • 犬用ささみ味
  • 犬用ビーフ味
  • 犬用低アレルゲンたら味
  • 猫用ささみ味
  • 猫用かつお味
  • 猫用チーズ味

それぞれの味覚の好みに合わせて選べるのがいいですね。

3種類の味から選べる!メディボールの詳細をチェックする!

しっかりと包めるのか?味が混ざらないか?

メディボールは薬を包む投薬補助食品

メディボールは粉薬でもしっかりと包めるので、製品と薬の味が混ざることはありません。

上手く粉薬が包みこめないような製品の場合は、
指で捏ねているうちに一体化してしまう場合があるんですよね…。

そうなれば、当然ながら苦いボールが出来上がるのでペットは食べてくれません。

メディボールの場合は手で簡単に丸く広げられて顆粒をササっと包めます。

私が飼っている犬は、腎疾患があるのでカリナールという粉薬を飲んでいます。

苦いお薬でもメディボールは味がしっかり付いているので上手くカモフレージュできて、簡単に飲ませられます。

メディボールのおすすめ情報!

私はいつもメディボールは公式通販サイトでお得に購入しています。

3袋セットを送料無料で届けてくれます!

送料がかからないと商品代金だけで買えるので気軽に試せますよね。

愛犬や愛猫にお薬をあげるのに困っている人は、
よければ参考にしてみて下さい。

粉薬も包めるメディボールの公式サイトへ